沖縄本島の観光名所・「美ら海水族館」

PR|高松で接待にオススメ高級ラウンジ|

沖縄旅行の目的は離島めぐりやダイビングなど色々あるでしょうが、やはりメインとなるのが沖縄の透明な海、マリンブルーを求めて出かける人も多いようですが、我々が沖縄旅行で特に印象に残ったのは巨大な水族館でした。

沖縄旅行は沖縄本島が主体になりますが、過去にも何回となく訪問しています。 ただ何時も思うのですが沖縄本島を巡るには交通事情は余り芳しくなく、やはりレンタカーとセットになったツアー旅行が一番でしょう。 更に、首都圏からでも往復の航空機と同時に目的に合ったホテルを選ぶのも自由にできます。

沖縄へ来たら先ず第一にお勧めする主な観光施設は、北部地域に存在する広大な国営沖縄記念公園であり、そしてこの一角にある「沖縄美ら海水族館」でしょう。 今回は沖縄北部の本部町にある広大な沖縄海洋博公園の一角にある「沖縄海洋水族館」(正式には美ら〈ちゅら〉海水族館)を紹介したいと思います。

 

訪れたのは既に数年前になりますが、先ず沖縄公園に着くと公園の中ほどに中央ゲートがあり、広々とした石畳の広場には花で着飾った巨大なモニュメントが出迎えてくれます。 中に入るとセンターエリアには円い形の巨大な噴水が水を勢い良く吐き出していました。

 

とにかく広い公園内を走る電気自動車を利用して、「美ら海水族館」へ向かいます。 水族館ではお馴染みの各種の水槽があって、沖縄独特の魚類やサンゴ、それに深海魚などが展示してあり、又、本当に見たことも無いような珍しい魚やカニ類なども見物することができ、大人から子供まで多いに楽しめます。

 

これら一般的の水槽の魚類を見物した後、その次に現れたのが水族館のメーンエリアとなっているところで、空間自体が劇場のようなところへ出てきました。 そして、こちらの正面には映画館の巨大なスクリーンを思われせるような水槽があり、そこには巨大な魚たちは悠々と泳ぎまわり、そして待望のジンベイザメも姿を現したのです。

 

この巨大な水槽は円形になっているようで、目玉のジンベイザメは水槽の端を悠々と泳いでいるので、姿が一時的に見えなくなっても、暫く待っていると同じような光景を何度でも見ることができるのです。

 

劇場空間ののような処のすぐ横には気の利いたレストランもあり、テーブルに腰を落ち着けジョッキを傾けながら水槽を見つつノンビリ観察できるのです。 お目当てのジンベイザメは三体泳いでいて、目の前に姿を現わしたときなどワーワーキャーキャーと大騒ぎでしょう。

 

因みに、アクリルパネルというプラスチックで出来ていて、水槽自体は世界でも最大クラスといわれます。 高さが8メートル余り、幅が22メートルもあり、厚味は60cmもあるといい、この水槽全体を「黒潮の海」と名前を付けているそうです。

 

そして、この水槽に泳いでいるのがは7メートルをゆうに越すジンベイザメ、それに、大きく羽(・・?)を広げた巨大マンタが優雅に泳ぎまわっているのでした。 更に、巨大水槽の中にはジンベイザメやマンタとは対照的に、回遊性のマグロやカツオは忙しげに、しかも力強く泳ぎ周っているのでした。

 

沖縄美ら海水族館には此のような巨大水槽の「黒潮の海」、その他にも水族館エリアが有って、オキちゃん劇場の「イルカラグーン」(イルカを飼育している)や「マナティー館」、其れに、「ウミガメ館」なども併設しているのです。

PR|童話|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート|英語上達の秘訣|女性の生き方|SEOアクセスアップ相互リンク集|ダイエットチャレンジ100日|